東京オリンピックの年のパニック

同調圧力とは意味は?コロナにおける事例をシェア

海外メディアからは、日本には同調圧力があるから罰則がなくても外出自粛や休業要請が守られるのだとされています。
今回のコロナ感染での同調圧力とはどのようなことを意味するのでしょうか?数々の事例を挙げて考えてみました。

これは日本人固有のもので、昔からちっとも変わっていないのでしょうか?

ひまり
いつも他人の眼が気になるわ・・・

同調圧力とは意味は?

同調圧力とは意味を見てみましょう。

本来の言葉の意味は、「集団のなかの多数派が少数派に対して、多数派の意見や態度に合わせるように暗黙のうちに圧力をかけること」で、これに屈しない人は、『変わり者』『空気を読めない人』などとされて、集団内で孤立したり、集団から排除されたりすることがあります。

個人意識が強い欧米社会より、昔から田舎での村八分などの言葉がある日本の方が同調圧力が強いと言われてきました。

今回のコロナ禍の日本では、外出自粛や休業要請へ、同調圧力を感じているだけでなく、SNS上での批判や、脅し、暴力、排除などについてのニュースが伝わっています。

なぜ、そこまでやるかというのは、同調しない者を見ると自分だけが損していると腹が立つ、政府や自治体の方針に逆らう意見や振る舞いに、みんなの不安をあおるのかと正義感から、激高して突っ走ると考えられます。

海外メディアは日本の同調圧力について次のように報道しています。

アメリカ・CBSテレビ
「取られている措置のほとんどは『要請』だ」「日本では罰金などを科すことが認められていないため、周囲の目による圧力を罰則の代わりにしている」

フランス・公共ラジオ
「緊急事態宣言を出したにもかかわらず、人々に家に閉じこもるよう強制したり、違反した場合の制裁を科す法的権限は無く、政府は日本人の市民精神や社会の同調圧力に頼ることになる」

イギリス・ガーディアン紙「日本政府は罰金や罰則を伴う法的権限を有さない代わりに自粛を求め、拒否する事業者の名前を公表する見せしめ行為に効果があると期待している」

日本は世界で特殊な国なのでしょうか?

外国のニュースでも守らぬひとを撃ったなど聞くがなあ・・・
れん

コロナにおける同調圧力の事例集

コロナ禍で話題になった同調圧力を事例集としてまとめてみました。

3月上旬(出発時点では渡航制限は出されていなかった)欧州へ卒業旅行をした学生が感染した京都産業大学に、「学生の住所を教えろ」「火をつけるぞ」といった内容を含む電話やメールが数百件寄せられた。

3月22日(日) 格闘技イベントK-1をさいたまスーパーアリーナで実施するとの発表に、国や埼玉県から自粛を求められているとして、批判が殺到した。主催者はマスクの配布や消毒液の設置など対策を講じたものの、インターネット上では怒りやいら立ちが収まらなかった。

4月8日 緊急事態宣言が出ているのに、スポーツクラブが営業していることに頭に来たとして、入口のドアを蹴って壊したとして43歳の男が逮捕された。

「感染リスクが高い」と目されるような職業に従事する親を持つ子どもを学校に入れなかったり、感染者の個人情報を晒しあげて村八分にするかのような手段に出た。

ゴールデンウィーク前 長野県佐久市で、飲食店の駐車場に止めていた県外ナンバーの車の写真がツイッター上にさらされる嫌がらせが発生しました。市では4月末から、車のナンバー変更が済んでいない人を対象に、「私は佐久市の住民です」と書いたカードを配布したと言います。

徳島県でも、県外ナンバー車の運転手から『あおり運転をされた』という被害の電話があった。

徳島県の病院に入院中の方に感染が確認され、その病院の関係者や家族の方が施設の利用を断られるなどの嫌がらせがあった。

大阪府のコールセンターには「休業要請の対象なのに店が開いている」「夜中まで営業している」「あそこのパチンコ店が開いている」などの通報が、1000件以上寄せられた。

島根県 スナックを経営者
「店を開けていても客はほぼ入ってこないのに、同業者から『周囲や従業員を守る気がないのか』と怒られた」「田舎だから他人の目を強く気にして、どこが最初に店を開けるか互いに様子をうかがっている。みんな、自分が最初に開けて叩かれ、村八分にされるのを恐れている」。

さらに、ダイヤモンド・プリンセス号で隔離措置の不備を訴えて反響を呼んだ神戸大学感染症内科の岩田健太郎教授にも、「一生懸命やっているのに批判するな」というような声があったり、学会のあるグループから黙って外されるなどの嫌がらせがあった。
同調圧力が高い日本では「(異なった意見を言うにも)勇気がいる」と話しています。


あらゆる方面で、いろんな種類の同調圧力がありますね。

日本では、ルールを守らないと世間から排除されるという「周囲の目の圧力」すなわち同調圧力のために、強制されなくても、日本人は生真面目に守ります。時には過剰に反応して、自主規制し、自粛します。

自粛ルールを全員が守る圧力となり、自粛が徹底される反面、このような「感染者叩き」や「自粛違反者叩き」は、逆に、感染したことを隠したり、あるいは感染者が発症以前の行動を正直に報告しないなどを生みだし、結果として、感染経路の把握をより難しくし、感染拡大のリスクをより大きくしてしまう恐れさえあります。

ひまり
自分は正義の味方と思い込むのかしら?

コロナにおける同調圧力に関するネットの反応

同調は他人の為ではなくて、自分のみの為に作用してるのが実は問題かもね。
出る杭は打たれるのは、子供の頃から刷り込まれて育つからな。
「皆と同じにやらないと、怒られるから」だよな。
甲子園の開幕模索に対して、「インターハイだって中止なんだから中止にしろ」という意見が大多数を占めてることが、まさに日本人の同調圧力を物語っています。
日本人は空気を読むことを美徳とし、調和を乱さないために、自分の感情を押し殺すタイプの人が多い。だからストレスが溜まる。
コ日本の国民は他人の目ばかり気にして汲々としていて揚げ足とりばかり。自分を守るため自分を被害者にしないために他人をたたき、コケ下ろす。日本は国民全員が自業自得で衰退していきます。

政府の代わりに世間が肩代わりしている構造があるように思う。
特措法自体が、施策や負担を自治体と国民に肩代わりさせる性質のものだ。

出典:ヤフコメ

本当の自分の意見がないからなのか?
れん

まとめ

要約すると...

  • 同調圧力とは「集団の中で、多数派の意見や態度に合わせるように、暗黙のうちに少数派に圧力をかけること」で、これに屈しないひとは孤立させられたり、村八分されるなど、集団から排除される
  • スポーツ開催から店の営業、学会などあらゆる分野での、コロナでの同調圧力の事例を挙げた
  • 日本人の同調圧力の強さが行き過ぎだとするコメントが多いが、子供のころから刷り込まれていると自覚してもいる

政府の方針もあって、コロナ禍でますます顕在化してきた日本人の同調圧力。
マスコミが競って報道するからかもしれませんが、これほどいろんな分野で頻発しているとは驚きです。

筆者も家族を定期的に、診察してもらうため、月に数回県境を越えて車を運転しています。、最近、道路際には他県のひとは来ないでと書かれた看板が設置されるようになりました。

命にかかわる問題で、必要にかられて出かけているのに、あおり運転でもされたら、と心配になります。

集団で、同じ方ばかり向いて突き進んで行って、過去に日本人は何度も大きな失敗したのではないでしょうか?

異なった意見を排除ばかりしていると、新しいものは生まれず、大きく道を踏み誤ってしまいます。

おもてなしや謙虚さなど昨年までほめたたえていた日本人の良さは一体どこに行ったのでしょう。

ひまり
非常時にこそそのひと、その国の真価が問われるのよね!

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.