東京オリンピックの年の気象

台風11号発生はいつか?ヨーロッパ最新情報と関東警戒と煽られる理由

台風11号発生はいつか?ヨーロッパ最新情報と関東警戒と煽られる理由についてシェアしていきます。

台風10号で九州が大変なことになりましたが、結果的には多くの人の事前準備と
直前に勢力が弱まったことで最悪の事態を免れた状態となりましたが
メディアでは「今後油断できない」という記事が多く上がっています。

そこで台風11号に関する最新情報(9月10日時点)と本当に関東警戒なのか?について情報を見てみました。

台風11号発生はいつか?ヨーロッパ最新情報

台風11号発生はいつか?日本の記事では次は危ない、というように煽られています。
ヨーロッパ中期予報センター、略してECMWFによると最新情報(9月10日)では以下となります。
※11、12日もほぼ同じ。米軍情報に関しては以下に追記。

出典:https://www.ecmwf.int/

ECMWFによりますと9月21日(月)まで、つまり来週いっぱいは、
台風11号のたまごも発生しないであろう、という予想となります。(後で予想が変化することはあります)

米軍のJTWCを見ても確かに台風のたまごは見当たりません。→11日にたまごが発生しましたが、気象庁の台風の基準には達せずというところ。

以下、米軍12日の予想図。

出典:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

ひまり
とりあえずしばらくは台風を忘れて過ごせそうなのね

なぜ次の台風は関東直撃と煽られるのか?

最近のメディアの記事では次の台風は「もっと勢力が強い」「関東直撃もあり得る」と煽った記事が多いですが
なぜなのでしょう?

一応、これは根拠があるようで、簡単に言うと

「海水温の上昇」
「太平洋高気圧の影響によって台風の進路がもっと東になりやすい」

ということです。

産経新聞の以下の図が分かりやすいかと。

ただしこれも「タラ・レバ」のことであり、刻々と状況は変化しているし
台風11号は10日間は発生しなさそうなので、10日後の海水面温度や気圧配置は全然違う状況と考えられますので
これをそのまま10日後に受け取ることはできないでしょう。

にしても、最悪のことが起こらなくて良かった...。コロナ禍にプラスして、泣きっ面に蜂が何度も来る状態になるかと思ったよ
れん

しかし、もちろん「いつか」は関東をはじめ「どこか」は大変な台風に襲われる可能性はゼロではありません。
NHKの3年ほど前の特集が有名で、「スーパー台風」は出現する可能性は年々高くなっています。

まとめ

要約すると...

  • 台風11号はECMWFによると9月19日まで発生しない予想が続いている
  • スーパー台風を煽るような記事が多いのは台風10号の時の海水温度や太平洋高気圧の位置による「タラ・レバ」
  • 3年前のNHKのスーパー台風特集は必見。タラ・レバでもいつかは起こる可能性
オオカミが来た!と言い続けてるとだんだんみんなが「またか」「デマだよ」となって、飽きられたころに、本物が(スーパー台風)がくるパターンだよね。とりあえずみんなが気にしている時はこなそう
れん

-東京オリンピックの年の気象

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.