東京オリンピックの年のパニック

夏休みなくなる説・返上で授業は必至?実際どういう見通し?

新型コロナウイルスの感染急増で日本の都市部では「緊急事態」寸前。レジャーを中心に経済・社会活動は〝凍結〟状態になっています。

学校もその一つ。幼稚園から小・中・高・大学までほぼ全ての学校が春休みを早め、新学期開始を遅らせていまだ授業ができない状態です。生徒・学生や教職員の間では、このまま休校が続くと授業時間確保のため「夏休みがなくなる」と危惧する声が浮上。コロナ禍による「夏休み返上」説は本当なのでしょうか。

ひまり
夏休み短縮、子供達はショックかもしれないけど、親は結構歓迎かもww。やっぱり子供が元気に学校に通えるって幸せなことだもんね

夏休みなくなる説・返上で授業は必至?

日本のコロナ感染は日を追って深刻化し、全国の感染者はわずかな期間に4000人を突破。大都市圏を中心に外出自粛が求められ、学校も休校が長引いています。

ただ政府の専門家会議はこのほど地域の感染状況に応じて学校も対応を変えて良いとする提言を発表。文部科学省はこれを受け、自治体が休校・開校を判断する基準を示しました。報道によると会議の提言や文科省通達は以下の通りです。

・子供は地域で感染拡大の役割をほとんど果たしていないと考えられる。学校継続は地域や生活圏ごとの流行の状況を踏まえるべき。

感染拡大警戒地域では一斉休校も検討。その場合は効果が出るように他の経済社会活動も一律自粛が必要。

・再開の場合は時差通学や分散登校、教職員時差出勤を検討。

・教育課程は弾力運用を認める。登校日を新たに設けたりIT活用の遠隔授業なども工夫すべき。

・休校中できなかった授業の補充は、過度な負担増に配慮しつつ夏休み短縮や土曜日で可能。前年度できなかった学年末試験を新年度に行ってもよい。

・もし先生・子供に感染者が出ても直ちに休校とせず感染経路などを精査。学校外で感染し校内で広めていない場合は休校の必要性は小さい

この結果、メディア調査では全都道府県政令市・県庁所在地98自治体のうち、約70の自治体が公立校の4月新学期を予定通り再開することを決定。一方東京都など「感染拡大警戒地域」ではGW明けまで休校を続ける見通しです。

そして、中には夏休みの大幅削減を検討する自治体も。また大学では早くも夏休み返上を学生に通知したところもあります。例えば上智大は春学期を5月25日~8月1日とし、8月3日~7日を試験期間に。慶応大も新学期開始を今月30日とし、期末試験を7月23日~8月1日に行い、7月の祝日にも行う場合がある、としています。他の私大なども多くが夏休み中の授業や試験を決めているようです。

生徒や学生にとっては長かった春休みの「ツケ」として、今年の夏休みは「相当なくなる」可能性が大きいといえそうです。

再開の場合も文科省から「音楽で歌う時は人がいない方向を向いて」「家庭科の調理実習は2学期で」「部活の用具は消毒」とか細かい指導があるそうだ!
れん

実際夏休みまでにコロナは収束するのか?

想定外の「超ロング春休み」の反動で、授業時間確保や試験のため夏休みは「かなりなくなる」「大部分返上」が濃厚になってきた各学校。

ただし、通常通り学校再開を決めた自治体でも、いわゆる「感染確認、未確認地域」の状況が現状を保つことがあくまで前提です。今後感染が急増したり、東京都などで「オーバーシュート危機」が一層高まり緊急事態宣言が発令されれば、さらに休校措置が長引く恐れもあります。

れん
実際千葉、福井県などは当初4月上旬に学校再開予定だったのに、感染者急増で急きょ休校を再延長したしな

4月上旬は「気の緩み」が指摘された3月下旬の3連休から2週間が過ぎるころ。そのせいか各地で一気に感染者が増えつつあり、報道では政府は7日にも緊急事態宣言を発令する見込み。世界最多感染国の米国では「今月末がヤマ」(トランプ大統領)とされる中、それより2週間遅れて感染拡大している日本では5月中旬以降までピーク状態が続く恐れが高いとも考えられます。

何をもって「収束」とするか定義はさまざまですが、「新たな感染者ゼロが1週間以上続く」といった条件だとすれば、7、8月、あるいは秋以降までかかる可能性もないとはいえず、夏休みまでに国内コロナ禍が落ち着くかどうかは不透明。授業再開した学校も再度休校を余儀なくされる場合があるかもしれません。

夏休みなくなる説へのネットの反応

このままだと日本は夏休みもなくなるで。首都圏が5月ピーク、地方がその後。経済大打撃
私のとこ5月まで学校なくなってしまった…最悪夏休みなくなるかも…
早く休校延長しろ! 夏休みがなくなるとかどうこう言ってられるもんじゃないだろ!
息子の私学は長い春休みのかわり夏休み後半がなくなるそうです。暑い夏のお弁当かあ
夏休みって、あるなしどちらにしろ就活あるから元からないようなもん

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 全国の多くの学校が新学期開始へ。首都圏などではGW明けまで休校継続
  • 長かった春休みをリカバーするため「夏休み返上」の学校が増加の見通し
  • ただコロナ感染はさらに急拡大中。夏休みまでに収束するか全く不透明

突然の一斉休校から1か月以上。予定が狂い準備してきた試験や部活、式典などもすべてキャンセル。再登校の見通しもめまぐるしく変化。「休みが長くて嬉しい」といった気持ちだけでなく、精神的ショックや生活リズム異変でストレスを感じる子供達も多いと思われます。

現に生徒らからは「自宅ではメリハリがないでの学習に身が入らない」「運動不足で太りはじめた」といった声も聞かれます。早期の授業正常化はもちろん、子供達への心のケアも大事だといえそうです。

ひまり
大人だって日々のルーティンが崩れたら調子狂っちゃう。こういう非常時って、安定した生活スタイルがいかに大事なものかしみじみ分かるわ…

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.