激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

東京五輪サッカーのポット別出場国のFIFAランキング一覧!日本は何番手?

16日に東京五輪サッカーのポットが、21日にこれに基づき、グループ分けが発表されました。日本は何番手になるのでしょう?

東京五輪サッカーのポット別出場国のFIFAランキング一覧と、グループ分けの関係をまとめました。

日本は死の組で、韓国は天国の組となぜ言えるのかと、その原因となったポット分けをデータから解き明かしてみました。

さらに、この組み合わせをもとに、日本のメダル獲得の可能性についても考えてみました。

ひまり
フランスがポット4になんてあり得ない!

東京五輪サッカーのポット別出場国とFIFAランキング表

東京五輪サッカーの1~4のポット別出場国とFIFAランキング表を整理しました。
開催国日本(FIFAランキング28位)はポット1でポット1のブラジル(FIFAランキング3位)、アルゼンチン(FIFAランキング8位)、韓国(FIFAランキング39位)と同組にならないことが確定しました。

各ポットの出場国とFIFAランキング(2021年4月)を対比してみましょう。

     
ポットポット分け合計ポイントFIFAランキング各ポットのランキング平均
日本114.62820
ブラジル134.23
アルゼンチン1278
韓国124.839
メキシコ223.41124
ドイツ213.612
ホンジュラス21267
スペイン28.46
エジプト38.24676
ニュージーランド36.4122
コートジボワール33.659
南アフリカ32.675
オーストラリア42.24138
サウジアラビア4065
フランス402
ルーマニア4043

単純に4か国のランキングの平均を取りますと、ランキング上位順に、ポット1>ポット2>ポット4>ポット3となり、強いポット1に入った日本は強い3か国と当たらずラッキーと考えられました。

開催国なんだから得なわけだ!
れん

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tokyo 2020(@tokyo2020)がシェアした投稿

東京五輪サッカーのポットとグループの関係は?

ポット分けは、開催国がポット1となるほか、直近の五輪5大会の勝ち点合計(勝:3pt、引き分け:1pt、負け:0pt)に対し、最近の成績がより反映されるように次のように傾斜をかけて計算します。
2016年:100%、2012年:80%、2008年:60%、2004年:40%、2000年:20%

さらに、各大陸予選の優勝国には5ptのボーナスポイントを加算し、合計ポイントの高い国からポット1〜4に振り分けていきます。したがって、ポットは、強国順となるはずです。

東京五輪での各国ポイントをポット別に表記しました。
1が最強ポット、4が最弱ポットとなります。

グループFIFAランキング各グループ平均上位2チームランク平均
A日本(開催国)28296.5
A南アフリカ(アフリカ)75
Aメキシコ(北中米・カリブ海)11
Aフランス(欧州)2
Bニュージーランド(オセアニア)1226855
B韓国(アジア)39
Bホンジュラス(北中米・カリブ海)67
Bルーマニア(欧州)43
Cエジプト(アフリカ)462524
Cスペイン(欧州)6
Cアルゼンチン(南米)8
Cオーストラリア(アジア)41
Dブラジル(南米)33526
Dドイツ(欧州)12
Dコートジボワール(アフリカ)59
Dサウジアラビア(アジア)65

開催国は、最強ポットに含まれますので、グループ分けで、強豪国が含まれるグループに含まれない可能性が高くなり、有利となります

一見すると、なぜ、韓国がポット1に入り、フランスがポット4となったのか不可解です。
韓国は直近5大会全てオリンピックに出場しており、2大会連続でベスト4に入るなど好成績を残しているため、高いポイントを獲得しています。
一方強豪フランスは、ここ5大会五輪出場がなかったため、ポイント0となり、ポット4に甘んじています。

オリンピックではA代表の成績やFIFAランキングなどが考慮されないので今回のようなグループ分けが起こり得たというわけです。

ひまり
一見すると不可解なポット分けが日本の悲劇?を生んだんだ!

日本が死の組と言われる理由

20日に発表されたグループ分けでは、日本はグループAとなり、フランス(FIFAランキング2位)、メキシコ(同11位)、南アフリカ(同75位)と同組となりました。

本来グループ分けで有利なはずの開催国日本が、死の組とまで言われるグループAに入ったのでしょう。

一方で、グループBに入った韓国は天国の組だと言われています。
各組の上位2チーム準々決勝に進みますので、対戦する上位2チームを崩せるかがか、グループを勝ち上がるカギとなります。

各グループの上位2チームのFIFAランキングの平均値を表に入れました。
厳しいグループ順に、グループA(6.5)>グループC(24)>グループD(26)>グループB(41)となります。
圧倒的にグループAで、2位以内に入るのが難しく、グループBが非常にやさしいことが見て取れます。
さらに、グループBの上位2位に韓国が入りますので、韓国に代えてホンジュラス(67)で計算しますと、55となりさらに、楽なグループとなります。

まさに、グループAとグループBでは、地獄と天国の違いがあります。
日本がグループBだったらという、嘆きはありますが、あくまで、目的が準決勝進出ではなく、メダルなら、ならずしも悪い組み合わせではないとの見方もあります。

グループAで2位以内に入れば、最弱グループBの1位2位との対戦となり、韓国、ニュージーランド、ホンジュラス、ルーマニアと、すべて、日本のランキングより下の国との戦いになります。
警戒すべきは、常にライバルとして厳しい戦いをしてきた韓国だと考えられます。

さらに、強豪国アルゼンチン、ブラジル、スペイン、ドイツがグループC、Dに集まったことで、日本はこれらと準決勝まで対戦する可能性がなく、グループAを勝ち上がりさえすれば、メダルが見えてくるのが有利な点です。

開催国なのに死の組なんてありえない!
れん

東京五輪サッカーの日本のポットへのネットの反応

開催国としてポット1に入った日本は、強豪のブラジルやアルゼンチン、ドイツ、スペインと1次リーグで同組になることは回避。
東京五輪のグループリーグ抽選ポット分けが決まりましたね! これによって日本は、同ポットのブラジル、アルゼンチン、韓国、同大陸の、オーストラリア、サウジアラビア、第2ポットのドイツ、スペイン以外の国と同じグループになることが決定しました! まじでメダル獲ってほしい!
東京五輪 男子サッカーの組み合わせが決まりました。 日本はメキシコ、南アフリカ、フランスと同組。 開催国で第1ポットなのになんて運のない。 まさに死の組だ・・。
東京五輪 サッカーの組み合わせ抽選 日本はポット1の4ヶ国のひとつ ということは、準決勝にいくのが普通なのか…と考えたらいけないのかな?
東京五輪サッカーの組み合わせ、日本は結構しんどい組みになったなぁ。 フランスはムバッペが参加しないらしいけど間違いなくポット4の中では一番当たりたくない相手だったよね。

出典:ヤフコメ

ポット1で期待してたのに、しんどい組になったのは確か!
れん

まとめ

要約すると...

  • 東京五輪サッカーのポット別出場国のFIFAランキング一覧から必ずしも強豪国がポット上位に含まれていないことをあきらかにした
  • ポット分けの仕組みを詳説し、韓国が最強ポット、フランスが最弱ポットに入った理由を解き明す
  • 1番手強い組み合わせとなったが、グループAを勝ち上がって、なんとかメダル取ってほしいとの願いが強い

日本は、7月22日(木) 第1節 対南アフリカ戦(東京スタジアム)からのスタートとなります。
これに確実に勝って、7月25日(日) 第2節対メキシコ戦にぶつかります。
グループAを勝ち上がるのは簡単ではありませんが、ここで勢いをつけて、メダルへの道を走ってほしいところです

ひまり
不運を嘆くよりやるっきゃないわね!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.