激動の2020年21年を記録

オリンピック後の世界

東京オリンピックの年の政治

東京五輪で陽性でやむなく棄権になった選手一覧まとめ

東京五輪はいよいよ開幕式を迎えますが、新型コロナ感染が判明して、やむなく棄権になった選手が続出しています。

東京五輪でコロナ陽性でやむなく棄権になった選手一覧にまとめました

どの種目のどの国の選手で、感染判明が入国前か後か、メダル候補など選手のレベルを併せて時系列でまとめました。

選手村での、感染判明も相次いで出てきています。

ひまり
これから一体どうなるのかしら?とても心配!

東京五輪で陽性で棄権になった選手一覧

東京五輪で陽性で棄権になった選手一覧を以下に掲げます。
今後さらに、感染者が出れば、追記してゆきます。

発表日競技種目選手名競技レベル感染判明場所備考(出場)
7月26日テニス男子ダブルスジャン・ジュリアン・ロジェール(オランダ)第8シード2回戦試合前(7/26)1回戦勝利。2回戦棄権
7月25日ゴルフ男子ジョン・ラーム(スペイン)全米オープン優勝来日前欠場
7月25日ゴルフ男子ブライソン・デシャンボー(米国)来日出発前欠場
7月25日ボート(男子シングルスカル)フィン・フロライン(オランダ)予選出場後
敗者復活レース棄権
7月23日トライアスロン男子イェール・ジーン(ベルギー)横浜大会エリート男子2位来日前欠場
7月23日自転車ロードレース男子ミハル・シュレゲル(チェコ)選手村チェコ選手団の選手・スタッフは6人で、いずれも同じフライトで来日
7月23日ビーチバレー女子マルケータ・ナオシュ・シュルコバ(チェコ)選手村棄権(ペアを組むバルボラ・ヘルマノバも含め)
7月22日テコンドー67キロ超級女子レシュミ・オーヒンク(オランダ)棄権
7月22日スケートボード女子ストリートカンディ・ジェーコブス(オランダ)メダル候補選手村棄権
7月22日競泳男子400メートル個人メドレーイリヤ・ボロディン(ロシア)メダル候補ロシア・ウラジオストクでの最後の合宿棄権
7月22日卓球男子代表(チェコ)パベル・シルチェク(チェコ)世界ランキング52位選手村棄権(チェコ選手団の同じフライトで来日)
7月21日女子テコンドー代表57kg級フェルナンダ・アギーレ(チリ)2019年パンアメリカン大会銅メダル日本到着時棄権
7月21日射撃女子クレー・スキートアンバー・ヒル(英国)金メダル候補(世界ランキング1位)日本渡航前の検査棄権
7月20日ビーチバレー男子男子選手(チェコ)選手村選手村に滞在するチーム関係者1人が陽性と確認され、12人が濃厚接触者
7月19日体操女子カラ・イーカー(アメリカ)千葉県印西市での事前合宿棄権、チームの別の選手1人が濃厚接触者と認定
7月18日テニス女子コリ・ガウフ(アメリカ)スター選手欠場
7月18日サッカー男子男子選手2人(南アフリカ)FIFAランキング75位(U-24でなく代表)選手村選手2人とスタッフ1人感染、濃厚接触した選手18人は6時間前の検査で陰性と判定され出場

このなかで、特に問題なのは、いずれも同じチャーター機で16日に来日したチェコ選手団の選手・スタッフは6人の感染です。同チャーター機には計14選手が搭乗していたということです。

最初に陽性が確認された医師は、ワクチンを摂取していなかったということで、チェコオリンピック委員会はこのチャーター機内で感染が広がった可能性があるとし、調査を開始しています。

チェコのアンドレイ・バビシュ首相はこの事態を「スキャンダル」と呼び非難しました。

また、千葉県印西市での事前合宿に、選手1名の感染が明らかになった東京五輪に出場する米国女子体操選手団が選手村滞在を取りやめ、近くのホテルに滞在することが報じられました。
代表選手とみられる人物が「新型コロナウイルスの感染を避けるために、選手村に泊まりたくない」とツイッターに、投稿しています。

Cecile Landi
(フランス人)WCC(ワールドチャンピオンズセンター、テキサス州スプリング)のコーチングスタッフ

それは私たち全員が一緒に下した決定でもありました。オリンピックの経験には理想的ではないことはわかっていますが、パンデミック時には理想的なものはありません。ホテルの環境でアスリートと安全をよりよくコントロールできるように感じます!

これがどんどん他にも広まれば、選手村は一体どうなるのでしょうか?

ホテルでも検査は毎日やれるようだ!
れん

東京五輪検査するタイミングは?

東京五輪プレーブック第3版公表(2021/6/15)によれば以下となります。

日本への出国前

選手やコーチなどは、日本に出国する前の96時間以内に2回の検査を行い、このうち1回は72時間以内に行う。
唾液か鼻の奥のどちらかの検体を使い、PCR検査や抗原検査など日本政府が承認している方法で検査を行う

日本に入国時

空港で検査を受け、その結果が出るまでは空港内で待機。
陽性だった場合は選手村の発熱外来に搬送されて再検査を受ける。

日本滞在中

選手に原則、毎日以下の検査を課す。
午前9時と午後6時に唾液の検体を提出し、それぞれ午後9時、翌朝6時に結果が出るスケジュールとする。

まず、唾液による抗原検査を行い、最初の検査で陽性か、不明確だった場合は、同じ唾液の検体を使ってPCR検査を行います(結果が出るまでにおよそ12時間)。

2回目の検査でも、陽性だったり不明確だったりした場合は、選手村の発熱外来で鼻の奥の検体によるPCR検査が行われ、その検査の結果が陰性であれば、競技に出場できます。

ひまり
南アのサッカー代表も出れるかどうかぎりぎりまで大変だった!

東京五輪陽性で棄権選手が続々?ネットの反応

新型コロナ感染のクラスターが発生したチェコ選手団の記事について

コロナ陽性で棄権の選手たち、可哀想でもある。 五輪はコロナ終息後に開催するべきだった。 これからも同様の事は起こる。 世界中で怨嗟が生まれる。 五輪は強行するべきではない。

なにがひどいって、こうやってクラスターまで発生しているというのに、日本の大会組織委員会からは何の公式発表もないこと。
東京五輪で来日した選手や関係者コロナ感染情報は全て海外の当事国か、海外通信社が発表してる。隠蔽といわれても言い訳できないぞ
・このままいったい何人オリンピック関係者からコロナでるんだろうね。そのうち選手村全部封鎖しないとダメな事態になるんじゃないの?感染者がいないという前提での選手村・・:感染者が出てくると豪華客船のようにどんどん感染者増えていくんじゃないの?
この様な問題が多く出て来ると思いますよ
最終的には日本がオリンピックを強行した事が問題になるのではないかと案じますね
選手の中で死者が出たら大問題になるのは間違いない。・・・大会自体が問題になり最終的には日本に矛先が向くと考えられますよね
どにらにしろ、成田で一律14日間隔離しない代償が次から次へと悪い方へ向かってますよ。
特例なんて作るから。飛行機内で医者のせいでクラスター発生したとしても明らかにチェコ側の責任だと言えますが、入国させたら日本中や他選手までウィルスをばら撒くんですよ。
こうなったら・・・日本の責任になりますよ。責任って人の命を軽視した罰ですよ。

出典:ヤフコメ

選手・スタッフでこんな状態じゃー海外のマスコミ関係などどうなるか?
れん

まとめ

要約すると...

  • 東京五輪でコロナ陽性でやむなく棄権となった選手を感染判明場所、競技レベルを含め一覧表とした
  • 世界ランク1位、金メダル候補など、レベルが高く、この2年努力してきたことがすべて水の泡になったと嘆く選手も多い
  • 今後の感染者急増で、バブル方式で安全安心という選手村が崩壊する事態にならないか心配なところである
ひまり
結局苦労して開催した日本が負の遺産を全部背負いこむことになるのでは?

関連


この記事を見ている人は以下の記事も見ています

東京五輪2021年の辞退国・欠場選手一覧

-東京オリンピックの年の政治

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.