東京オリンピックの年のスポーツ

チャンピオンズリーグ2020放送日程!今年の予想は?

2020年夏。世界的なコロナ禍で欧州サッカー界も長い中断を余儀なくされ、このほどようやく各国主要リーグの19-20シーズンが終了しました。

しかし!欧州サッカーの19-20シーズンはまだ続きます。世界最高峰とされる欧州サッカーのクラブNo1を決めるUEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグがいよいよ佳境に入るからです。

超短期決戦の異例な今季チャンピオンズリーグ今後の組み合わせ、日本での放送日程や予想される優勝の行方はどうなのか。サッカーファン必見のUEFAチャンピオンズリーグ情報をまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディアなど)

欧州CLも欧州リーグも同時並行の8月。真夏の欧州頂上決戦を見逃すな!!
れん
DAZNは1ヶ月無料!
やっぱりリアタイのスポーツは面白い!


※『久保建英』『ハーランド』 もヤバイです。
 

チャンピオンズリーグ2020放送日程

欧州リーグの大陸選手権大会であるUEFAチャンピオンズリーグ。それは、前年度の各国リーグ戦の上位クラブ、しかもUEFAによるカントリーランキングの上位国中心に計32チームしか参戦できず、一カ国の出場クラブ数も限られる狭き門「選りすぐられた強豪」だけによるNo1決定戦であり、「出場することはW杯より名誉」と言い切る世界トップ選手もいるほどの特別な舞台です。

19-20シーズンのUEFA・CLはコロナ禍のため異例の経過をたどりました。決勝トーナメント一回戦は3月にいったん中断。UEFAは8月に再開を決めましたが、日程が厳しいこと、コロナ禍の先行きが不透明なことなどから、今回に限り準々決勝以降は全試合を一発勝負のサドンデス方式に。

試合もすべて中立地リスボンの2会場で、無観客で集中開催することになりました。準々決勝は現地時間の8月12~15日、準決勝は同18、19日、決勝は同23日に行われる予定で、まさに「欧州サッカーが最も熱い8月」となります。

ひまり
元はホームアンドアウェーの二試合方式で、決勝も5月にイスタンブールで行う予定だったけど、来年の決勝開催地に順延。今年のCL、まるで「全国高校サッカー」みたいね!

そして8日までに延期されていた決勝T一回戦の残り試合が行われ、8強が出そろいました。準々決勝の組み合わせは以下の通りです。

アタランタ(イタリア) vs パリ・サンジェルマン(PSG)(フランス)

ライプツィヒ(ドイツ) vs アトレティコ・マドリード(スペイン)

バルセロナ(スペイン) vs バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

マンチェスター・シティー(イングランド) vs リヨン(フランス)

ではチェックが欠かせない日本での放送日程はどうなっているのでしょうか。日本国内でCLの独占ライブ配信を行うのはインターネットスポーツチャンネルの「DAZN」です。

DAZN番組表によると、10日現在では以下の通り準々決勝日程のみが掲載されています(時間は日本時間)。

【準々決勝】

13日午前4時~ アタランタ vs PSG

14日午前4時~ ライプツィヒ vs アトレティコ・マドリード

15日午前4時~ バルセロナ vs バイエルン・ミュンヘン

16日午前4時~ マンチェスターC vs リヨン 

バルサは13季連続、マンCは3季連続、リヨンは10季ぶりのベスト8進出なのね!
ひまり

では次項で最新の優勝予想はどうなっているのか、ブックメーカーのオッズから見てみましょう。

チャンピオンズリーグ2020の優勝予想・オッズ

DAZNでの放送日程チェックが欠かせない今季UEFAチャンピオンズリーグ。準々決勝はいずれも日本時間の早朝になりますが、頑張って早起きするか、スポーツニュースの結果速報を見ないようグッと我慢して(笑)後で見逃し配信で楽しむか、思案のしどころです。

さて出そろった欧州の強豪8クラブ。最新のブックメーカーオッズ(10日)では優勝予想はどうなっているか、見てみましょう。

【William Hill】
・マンチェスターC 3.25倍
・バイエルン 4.00
・PSG 6.50
・バルセロナ 8.00
・アトレティコ 9.00
・アタランタ 10.00
・ライプツィヒ 19.00
・リヨン 34.00

【10Bet Japan】
・マンチェスターC 3.20倍
・バイエルン 4.00
・PSG 6.50
・バルセロナ 8.00
・アトレティコ 9.00
・アタランタ 12.00
・ライプツィヒ 19.00
・リヨン 41.00

いずれもマンCがトップの予想。続いて僅差でバイエルン。次がPSGで、バルサはやや水を空けられているようです。

やはり決勝T1回戦で、CLでは3連覇を果たしていたジダン監督体制下のレアルマドリードを下した、前季までプレミアリーグ二連覇のマンチェスターCが、最も頂点に近い位置にいるとみられている様子。ブンデスリーガ8連覇中のバイエルン、フランスリーグ3連覇のPSGがその対抗馬となっている形です。

ただサッカーメディアでは、今季は特別な「一発勝負」形式だけに〝番狂わせ〟が大いにあり得るとの見方も。クラブや選手の“格”、数字上の実力だけではない「勢い」のようなものが勝敗を左右する可能性も大です。特にイタリア・セリエAを3位で終えたアタランタ今最も勢いのあるチームとして注目を集めており、意外な伏兵になるかもしれません。

れん
例年と全く違う「無観客の中立地会場」っていうのもどう影響するか。主力選手のコンディション次第では戦術も変わってくるだろうし、何が起こるか分からないのが「一発勝負」の醍醐味ではあるな

DAZNは1ヶ月無料!
やっぱりリアタイのスポーツは面白い!


※『久保建英』『ハーランド』 もヤバイです。
 

チャンピオンズリーグ2020のネットの反応

完成度でいうとバイエルンが一番かもね。でも一発勝負ならアタランタ、ライプツィヒにも可能性ありそう
個人的にはアトレティコに勝ち上がって欲しい!
シティ、リヨン、バルサ、バイエルンってとこかな。W杯みたいで今年は面白そう!
準決勝の四日後に決勝って、準決勝が延長PKまでもつれたクラブはズタボロに負けそうだな
放映権料の値下げで今後永遠に視聴できることを望む

出典:ヤフコメ欄

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • UEFAチャンピオンズリーグがいよいよ準々決勝へ。コロナで8月集中開催
  • 全試合が中立地リスボンで無観客、一発勝負形式に。8強初戦は13日早朝
  • DAZNで中継。オッズではマンC1位だが下位クラブの番狂わせも十分可能性

五か月を経て再開されたCLの決勝T1回戦ですが、コロナ禍による長期中断の影響もあったのか、2季ぶり14度目の優勝を狙ったスペイン1部覇者のレアル・マドリードと、イタリア・セリエA9連覇のユベントスが敗退するという「波乱」もありました。

レアルは精神的な柱であるセルヒオ・ラモス選手を出場停止で欠いたのが最後まで響いた形。ユベントスのスーパースター、C・ロナウド選手にも早すぎる今季の幕切れになりました。史上1位の130ゴール、通算5度の優勝などUEFAチャンピオンズリーグで誰よりも輝く実績を持つ「背番号7」が準々決勝進出を逃すのは、レアル・マドリード在籍時の09-10シーズン以来の屈辱です。

ユベントスは国内9連覇を達成しながら、CL敗退の責任からか就任一年目のサリ監督を早くも解任。欧州ではいかにCLが重みを持つか分かるようです。

DAZNは1ヶ月無料!
やっぱりリアタイのスポーツは面白い!


※『久保建英』『ハーランド』 もヤバイです。
 

関連


この記事を見ている人は以下の記事も見ています

ビジャレアルとは?どこ?有名選手の情報もシェア

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.