激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年の政治

渡航中止は何を意味するか?五輪への影響は?「さすが米国、実に有難い話」「最高のタイミングで出てきた!」

米国務省が、感染が拡大する日本に対する渡航警戒レベルを4に引き上げ、「渡航中止」を勧告しました。コロナ禍での五輪開催反対の世論が強まる中、これは衝撃的なニュースです。

米国の渡航中止勧告は何を意味し、2か月後の東京五輪への影響はどうなるのでしょう?

米国務省の渡航中止勧告の元になったCDCのデータを参照して、その理由を考えました。

ひまり
もうすぐそこなんだけどどうするの?

\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

渡航中止は何を意味し、五輪への影響は?

米国務省の渡航中止勧告は何を意味し、東京五輪開催への影響はどうなるでしょう?

米国務省はCDC(疾病対策センター)が、新型コロナウイルスの日本国内の感染状況についてレベルを引き上げたため今回の勧告に至ったとしています。

米国民に日本への「渡航中止」を勧告したとなると、東京五輪への米国選手団の参加に全く影響ないとは言えません。

以下で、米国務省がレベル4に引き上げた理由と東京五輪への考えられる影響を細かく見てゆきます。

結局敗戦と同じく外圧で決めてもらうの?
れん

米国務省がレベル4に引き上げた理由

レベル4(海外渡航中止)に引き上げた理由について、米国務省はCDC(疾病対策センター)が、新型コロナウイルスの日本国内の感染状況について「非常に高い」に分類し、レベルを引き上げた措置に伴うものだとしています。

CDCのレベル1~4は、どのような基準で、それぞれ現時点でどの国が相当しているかをまとめます。

レベル1~4
COVID-19渡航情報として、以下の基準が示されています。
10万人当たりの28日間新規感染者数を基準としています。

レベル1: COVID-19 Low 低い           5以下
レベル 2: COVID-19 Moderate 中間       5-50
レベル 3: COVID-19 High 高い         51-100
レベル 4: COVID-19 Very High 非常に高い   100以上

例えば、レベル4の10万人当たりの28日間新規感染者数を日本に当てはめると、人口12557万人として、全国で1日平均4500人以上の感染者が出れば、レベル 4に相当しますので最近の状況をみれば納得できます。
最近の1週間での1日平均の感染者数から28日間の人口10万人当たりの感染者数を算出しますと、
インド 523
ブラジル 638
ロシア 167
トルコ 324
フランス 542
ドイツ 263
日本 108
イギリス 34
シンガポール 16
となります。

各国のレベルを表にまとめました。

国名発表日渡航警戒レベル10万人当たりの28日間新規感染者数
インド5月5日レベル4100以上
ブラジル4月20日レベル4100以上
ロシア4月21日レベル4100以上
トルコ4月20日レベル4100以上
フランス4月20日レベル4100以上
ドイツ4月20日レベル4100以上
オーストリア4月20日レベル4100以上
日本5月24日レベル4100以上
ニュージーランド4月21日レベル351~100
オーストラリア4月21日レベル351~100
香港5月10日レベル351~100
イギリス5月19日レベル351~100
シンガポール4月20日レベル25~50
台湾4月21日レベル25~50
韓国5月19日レベル25~50
中国5月19日レベル15以下

感染拡大が大きな問題となっているインドやブラジルと同じレベルというのは、納得いかない気がしますが、フランス、ドイツ、オーストリアもレベル4であるのを考えますと、100以上は渡航者にとって、同レベルの非常に危険な状態だとみなされていることがわかります。

ニュージーランド、オーストラリア、香港そして最近積極的なワクチン接種で成果を上げているイギリスがレベル3なのはなるほどと思えます。
さらに、アジアのシンガポール、台湾、韓国がレベル2ということで、日本は随分引き離された気がします。

人口が多く、感染者数が極めて少ない中国がレベル1というのは、もやもやしますが、データに従えばこうなるのでしょう。

アジアでは劣等生だが、欧州などと比べると、日本は抑え込んでいるということはとても言えなくなりました。

ひまり
外国から見ても、さざ波程度でないことだけは確かね!

東京五輪への影響は?

9都道府県の緊急事態宣言が今月末の期限を迎えても解除されそうもなく、政府、東京都、IOC,JOCはあくまで、開催するとの姿勢を崩していませんが、米国の渡航中止勧告は東京五輪開催にどのような影響を与えるでしょうか?

・先の日米会談では、バイデン大統領は、東京五輪開催を支持するとか、開会式に出席するとかの、発言はありませんでした。

・原発事故の時に、ルース駐日大使が福島第一原発から80キロ以内にいる米国人に避難を勧告したことがあり、日本独自で収束しようとしていた当時の民主党の菅政権に大きな打撃を与えました。
これまで、米国は科学的、客観的に事故や災害を解析し、対応しようとしているように思えます。

韓国の文大統領とはマスクなしでの、カニ料理の昼食だったが、菅総理とは2重マスク、ハンバーガーというのはバイデン大統領が案外CDCの忠告に従っていたのかもしれません。

米国の東京五輪不参加までにつながるか?
単純にレベル4だから、大会ができないとはいえません。
レベル3のオーストラリアで、コロナ感染にかなり気を配って、テニスの全豪OPが開催されましたが。レベル4のフランスで、観客数を制限しながらですが、全仏OPが間もなく開催されようとしています。
ただ、渡航中止勧告をもとに、個々の選手や団体が中止を決めるケースも出てくるように思えます。
ワクチンを接種していても、変異型ウイルスを考慮すると危険ということですので、ワクチンを打ったから、安心してというわけにもゆきません。

米国以外の国にも、CDCの情報が影響を与える可能性はあります。今のところ、レベル4のフランスのマクロン大統領のみが出席を表明しています。

いったいどうなるのか?
れん


\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

渡航中止勧告へのネットの反応

日本は入国制限をなかなかしない、できない国なので、こういう判断は本当にありがたい。できればすべての国にこの判断をしてもらいたい。
このまま米国不参加になれば、IOCが「緊急事態宣言下でもやる」と嘯いたオリンピックも自然となくなり、爆発的感染拡大のリスクは回避される。
先々の安全安心を求めるなら、今の感染状況を維持する方が良いということになってしまう。ある意味、究極の選択だ。
国連事務総長のコロナ戦時中発言に続きアメリカ政府の日本への渡航禁止勧告と、五輪中止への逆風が日本政府に吹き始めている。世界中の多くの国が渡航中止や禁止を講じたら五輪は成立しないでしょう。国民としては政府の暴挙を止めるためには、情けないけど世界からの中止への後押しが必要ですね。
ワクチン接種率が低く変異ウイルスが増えてる国へは、渡航中止勧告は妥当な判断ですね。自らオリンピック中止を言えない日本は外圧頼みでしょうか?日本は、この状況ですと心からオリンピックを楽しめないですね。
アメリカがきっかけになり不参加ドミノ倒しが始まりますね。
申し訳ないですが、ホッとしています。

出典:ヤフコメ

日本の状況を世界がどう見ているか改めて知ったわ!
れん

まとめ

要約すると...

  • 渡航中止は現在の日本の新型コロナ感染状況が、インドやブラジル並みの危険度にあることを改めて示した
  • 米国や主要国が選手団派遣を見合わせる事態となれば、東京五輪中止の引き金となりうる
  • 国民の70%以上がコロナ禍での開催に反対している中で、米国からの勧告は助け舟とありがたく思うと同時に、民主国家の日本として情けないとの声も
ひまり
なぜ国民の声が届かないのか?

-東京オリンピックの年の政治

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.