東京オリンピックの年の経済

米雇用統計4月最悪なのに株・ドルなぜ上昇?ネットで??「頭おかしくなるで」「気持ちの悪い株高」

米雇用統計4月はコロナでの経済活動ストップで、戦後最悪となりましたが、暴落予想に反し、直後に株・ドルは上昇しました。なぜなんだとネットでは疑問や悲鳴が噴出しています。

なぜかを細かく調べて8つの理由を挙げました。
今後もし暴落するとすれば、どういったケースになるのでしょう?

ひまり
素人は常に予想を裏切られるのね

米雇用統計4月が戦後最悪に

経済指標として米国で最も注目される米雇用統計4月が発表されました。
新型コロナ感染拡大の影響で、経済活動がストップし、戦後最悪と予想されており、株・ドルの暴落は避けられないと見られていました。

8日に発表された米雇用統計の結果は、
非農業部門雇用者数が前月から2050万人減、失業率14.7%(8人に1人が失業)という戦後で最悪の結果となりました。
しかし、エコノミスト予想の2200万人減、失業率16.0%にとどくほど悪くはありませんでした。

これを受けて、米国株式市場では、ダウ工業株30種平均は前日比455ドル43セント(1.91%)の上昇で、24331ドル32セントとなりました。
またハイテック企業の多いナスダックも、前日比141.66ポイント(1.68%)上昇し、9121.32ポイントとなる予想外の結果となりました。

ダウ工業株30種平均およびナスダック総合指数(2/10~5/8)

特に、ナスダック総合指数は3月4日以来2か月ぶりの高値となりました。
過去最高値は今年2月19日につけた9838.37であり、そこから3月23日に6631.42まで下落したものの現在過去最高値が視野に入りつつあります。

ダウ平均は2月12日に29568.57ドルをつけてここがいったん最高値となりました。ここから、3月23日に18213.65ドルまで下落しましたが、5月5日に半値戻し23891.11ドルを達成して、このまま上昇すると期待されています。

為替もドル/円は0.4%高の106.71円と上昇し、これも下落の予想を裏切りました。
ドル円相場(2/10~5/8)

あれだけの感染者出してどうして日本の株価とこんなに違うんだ?
れん

雇用統計戦後最悪なのになぜ株、株・ドル上昇?

なぜ上昇したか?8つの理由を挙げました。
・雇用統計の数字はあらかじめ予想されていたこととして、織り込み済みで、結果として予想より悪くなかった

・失業保険申請は、今回特例で、通常は申請できないフリーランサーやコントラクトベースで仕事を請け負う人なども申請できるので、失業保険申請者の数が従来より、水増しされている。

・米国では、ロックダウンにより、ビジネスができないので、会社が一時解雇をしているのがほとんどで、日本の失業率と同じではない。
一時解雇中は雇用保険が適用されるので、ほとんどのひとが雇用保険を申請する(プラス週600ドルのCOVID手当もつく)。
基本的には、ロックダウンが終わったら再雇用となるので、見かけほどひどい雇用状態ではなく、回復も早い

・トランプ政権は、ワクチン開発や雇用対策として、合計2兆9000億ドル規模(GDP比で14%)の2度の財政出動で、資金を大胆に市場に供給する経済対策をすでに打っています。

・米国内での経済活動の制限が緩和され始め、米景気が最悪期を脱したとみられています。
特に、NASDAQ市場にはインテル、マイクロソフト、アップル、フェイスブックなどハイテク株やインターネット関連株の多くが上場しており、ハイテク株の占める割合が高いため、コロナ禍では、外出禁止や、在宅勤務で業績が従来よりかえって良くなることも予想されている。

・現在の市場では新型ウイルス感染に関する情報が重要視されており、雇用統計のような経済指標は従来に比べ、重きを置かれなくなっています。

米中の対立姿勢が一時的に緩んだと見られた。
ライトハイザーUSTR代表、ムニューシン米財務長官、中国の劉鶴副首相がパンデミック後初めて電話協議を行ったため米中関係悪化懸念が後退しました。

・FRBが資金調達市場の安定に伴い国債購入ペースを減速する計画を発表したため、利回り上昇を見越し、ドル高要因となった。

ひまり
後になればいくつでも理由考えられるのね!

雇用統計後株・ドル上昇にネットの反応は

雇用統計数字すっごいのにドル高に振れるのはなぜなのだwwww そりゃ予想よりは少し少なかったけども 頭おかしくなるで()
織り込み済みってことなんだろうけど、ここまでひどい数字が出ても下がらない株価は本当に恐ろしい。各国の中央銀行の政策でどれだけお金がジャブジャブになっているのか・・・
一応市場予想より低かったから多少の安堵感から相場も上を向いたけど、冷静に考えれば一ヶ月前と比べてものすごく状況が悪くなっているから異常事態には変わりないね。
市場予測よりマシだったとはいえ酷い数字です。本来なら株式市場大暴落となるべきですが前もって市場をカンフル剤でジャブジャブにしていますので何とか回避しているところでしょう。

経済活動再開による景気回復楽観論が上回った。それにしても、気持ちの悪い株高

出典:ヤフコメ

だれが考えても不思議だよな
れん

まとめ

要約すると...

  • 株・ドルなぜ上昇は、雇用統計が予想より悪くなかったを含め8つの理由が考えられる
  • 現状では、株・ドルの動向は雇用統計などの経済指標より、新型ウイルス感染に関する情報に左右されやすい
  • 経済活動再開が、順調に進むのか、感染拡大や、第2波到来で、再度ロックダウンをせざるをえなくなるのかで、株・ドルの今後の動きは決まると考えられる

世界1位の感染者数、死亡者数を出し、経済封鎖で、戦後最悪の失業率にも関わらず、株・ドルが上昇しているのは普通に考えるとなぞとしか言えません。

株は現在でなく、将来を見て動くと言われますが、将来がそれほど楽観的といえるのでしょうか?

初期のコロナ封じ込めに失敗し、経済封鎖をせざるを得なくなりながら、大統領選挙最優先で、この時期に経済活動再開を始めるなんて無謀すぎる気がします。

今後感染が再び増加したり、完全に収束しない状態で、秋にもあるのではと言われるコロナの第2波が来た場合は、暴落どころでは済まなくなるかもしれません。

日本も、とても他人事とは言えず、早くコロナを完全に収束させて、株も自分たちの生活も一息つきたいところです。

ひまり
アメリカ経済が落ち込めば、日本も大波乱!とても心配!

-東京オリンピックの年の経済

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.