激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

スプラッシュヒットとは意味は?最近の事例をあげてみた

MLBエンゼルスで「三刀流」で活躍する大谷翔平選手。その人気と知名度は、日本やエンゼルスファンを超え、今や全米のメジャーリーグファンに広がっているようです。

6月1日までの対ジャイアンツ戦では、大谷選手による「名物スプラッシュヒット」に敵地ファンの期待が高まっている様子。このスプラッシュヒットとは意味は?過去の事例を挙げてみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)


\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

スプラッシュヒットとは意味は?

まず「スプラッシュヒット」のスプラッシュとはどんな意味でしょうか。英和辞典によると英語の「splash」は「水がはねる、飛び散る、ザブンと音を立てる」といった意味の動詞です。

「ヒット」とは野球用語で「打者が打った球」という意味。このためMLB、そして野球におけるスプラッシュヒットとは「打球が水の中にザブンと落下すること、そのバッティング」ということになります。

ディズニーランドにも「スプラッシュマウンテン」って、水に突っ込む人気アトラクションあるよねw
ひまり

しかし野球場で「水に落ちる」ってどういうことでしょうか。外野に池があるような球場は世界中にもないはず(…だと思います)。スプラッシュヒットとは「場外ホームランが球場外の海などに落ちる」ということです。

特に有名なのがサンフランシスコジャイアンツの本拠地「オラクルパーク」。非常に変わった形状と場所にある球場で、本塁―右翼フェンスまでの短さで有名ですが、さらに名物なのが球場と接するマッコビー湾

命名権の変遷で昔は「SBCパーク」「AT&Tパーク」とも呼ばれてたな
れん

ライトの外野席は数列しかなく、その外はすぐ海。左打者の大飛球場外HRはドボンとこの湾に飛び込むことがあり、これが「スプラッシュヒット」と呼ばれ、ボール目当てに海で舟に乗って待ち構えているファンもいるほどです。では次項で過去にはどんなスプラッシュヒット事例があったのか、見てみましょう。

スプラッシュヒットの最近の事例は?

スプラッシュヒットとは「海に落ちる場外ホームラン」という意味。ジャイアンツ公式サイトでは2000年の球場創設以来、スプラッシュヒットを打った選手のリストが公開されています。

ちなみに今シーズンでスプラッシュヒットを打った事例は、ヤストレムスキー、クロフォードのジャイアンツの2選手の2本のほか、相手チームではムスタカス(シンシナティ・レッズ)、マンシー(ロサンゼルス・ドジャース)、クロネンワース(サンディエゴ・パドレス)が1本ずつ放っているそうです。

↓4月のクロフォードのスプラッシュヒット

なおスプラッシュヒットとはジャイアンツの公式用語のようで、球団定義ではジャイアンツ選手が打った場合のみがスプラッシュヒット。ビジター選手が打った場合は「マッコビー湾への本塁打」と区別されているそうです。

過去最多のスプラッシュヒッターは〝レジェンド本塁打王〟バリー・ボンズの何と35本!。21年間で相手球団含めて計141本しか生まれていない、貴重・希少なホームランです。

↓ジャイアンツ公式スプラッシュヒット集

ひまり
日本ではZOZOマリンスタジアムが海のそばだけど、海岸まではかなり距離があるようだからさすがにスプラッシュヒットはないみたい…

スプラッシュヒットに関するみんなの反応

昔福留選手も打ったけど、このHRは旗に当たったためノーカウントなんだって
ライトの最深部はホームベースが遠いこの球場。スプラッシュヒットはかなり難しい
大谷のパワーなら出来るはず
折角のインターリーグで翔平をなぜ投手で計画的に起用しないの?最強のピッチャーでバッターなのに
イチローがオールスター戦でランニングホームラン打ったのもこの球場だったなあ

出典:twitter


\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 大谷翔平がジャイアンツ戦で代打登場。スプラッシュヒットに期待!
  • 球場と隣接のマッコビー湾に落ちる場外弾が「スプラッシュヒット」
  • かつてボンズが35本と最多量産。創設以来141本の希少なホームラン

ジャイアンツのスプラッシュヒット、レッドソックスのグリーンモンスターなど、名物球場が多いMLB。それも観戦の楽しみの一つですが、ジャイアンツ地元ファンは大谷翔平選手に「スプラッシュヒット」を期待したようです。

エンゼルスは5月31日、6月1日とオラクルパークで対ジャイアンツ2連戦。ナリーグ主催交流戦のためDH制ではありませんが、マドン監督は海風も考慮し大谷選手を外野スタメンでは使わず、初戦は代打で起用。

1球も振らず四球となると、敵地なのに球場内は自軍投手になぜかブーイング(笑)。「オータニのスプラッシュヒット見たかったのに、勝負しろよ!」ということのようです。

ファンには「ボンズの再来」に映るのか。さて1日の試合では、大谷サンによる「日本人初スプラッシュヒット」は出るでしょうか。

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.