東京オリンピックの年の政治

アゼベド事務局長はなぜ突然辞意したのか?海外の反応

世界貿易機関WTOのアゼベド事務局長が任期途中の8月末で辞任すると、突然の辞意表明をしました。
ネット上では、WHOのテドロスが覚悟を決めたのかとぬか喜びする人も。

アゼベド事務局長はコロナ禍で、渡航制限や医療製品の囲い込みやなど世界貿易が大混乱しているこの時期になぜ辞意表明したのでしょう。海外の反応もあわせて見てゆきましょう。

ひまり
一番大変な時なのにねえ

アゼベド事務局長はなぜ突然辞意表明した?

アゼベド事務局長はなぜ突然辞意したか?3つの理由が考えられます。


まず、主因となったWTOを舞台とする米中対立を見ておきましょう。

WTOを舞台とする米中対立

2001年12月11日 中国のWTO加入資格が正式に発効し、これ以降中国の貿易のみならず東アジアを含む世界の貿易が大きな発展を見せました。

2013年9月 アゼベド氏がWTO事務局長に就任しました。

2013年12月 中国は、米国(オバマ時代)が太陽電池や油井管などの中国製品に対して実施している反ダンピング(不当廉売)対抗措置は不当だとして、WTOに提訴しました。

2016年10月 WTOの第一審にあたる紛争処理小委員会は、米国の措置はWTO協定違反にあたるとの報告書をまとめ、是正を求めました。

2018年9月 中国は米国が判決を守らないと、報復関税をWTOに申請しました。

2019年7月 トランプ大統領 中国をはじめとする比較的裕福な国々がWTOで「発展途上国」として優遇措置を受けていることを不服とし、WTOの制度見直しを要求しました。

2019年11月 WTOは、中国の対米報復関税容認しました(請求の約半額年3900億円)

大統領選挙中から米国における中国との貿易赤字を問題にしていたトランプ大統領は、WTOが中国寄りだとして、ますます圧力をかけてきました。

アゼベド事務局長の辞意表明の3つの理由

ドーハラウンド(多角的貿易交渉)の行き詰まり

WTOが2001年11月に、貿易自由化を目指したドーハラウンドは、先進国と新興国の対立などで、完全に行き詰ってしまいました。
各国・地域は環太平洋連携協定(TPP)などの地域間や2国間の貿易協定に目標を切り替えたため、WTOの存在意義が低下しました。

米中貿易戦争によるWTOの権威、機能の低下

トランプ大統領就任以来米中の貿易戦争が激化し、WTOの枠外で、お互いに制裁関税をかけあうなど場外乱闘で、WTOの権威機能は著しく傷つけられました。

トランプ大統領はWTOの貿易紛争の処理機能に不満を募らせ、WTOの最高裁に相当する上級委員会のメンバーの補充を拒否したため、2019年12月以降WTOの重要機能である紛争処理機能が停止する混乱に陥った。

トランプ大統領は、インタビューでアゼベド事務局長の辞意表明にOKと答えている。

新型コロナの影響

コロナ禍の対応処置として、各国が医療物資や食料を囲い込みブロック経済化の様相を呈している。

さらに、現在の問題を乗り越えるために、WTO改革が必要との声に基づき、開催される予定であった6月の閣僚級会合も新型コロナの影響で2021年の半ばに延期された。

WTOの地位低下、機能停止さらにWTO改革の見通しも見えてこないことで、自分が身を引くことで、何らかの進展が図られることを願ったのか、職務に対する意欲を失って続行にいや気がさしたかは不明です。

本人は、2021年の半ばとなるWTO改革のための閣僚級会合と、2021年8月末に予定されていた新事務局長選出が重なるのを避けたことを、この時期での辞意表明の理由としています。

いずれにしてもますます混迷にあるWTO事務局長の仕事は困難が予想され、新事務局長選出も、米中の思惑で、混乱することが予想されます。

先行きはますます闇だなあ
れん

アゼベド事務局長辞意に海外の反応は?

彼はもうドナルド・トランプに対処しなくて良いように辞任したんだ。笑い
アゼベドが貿易制裁のための米国政府からの圧力に抵抗できなかったため。
私自身、WTOは廃止されるべきだと思います!この地球規模の経済政策が行ってきたことで、地球の人口を制御不能とした!!!。再考の大きな時間!大きな問題はウイルスだけでなく、地球上に40億以上の人口がいるということ
彼らは失敗した。したがって辞める必要があります。
彼らが中国に何らかの裁定をあえて与えるということは、アメリカ人より中国人に、商品を製造する仕事を与える輩だといえる。彼が、本当に中国に反対していると思う人は世間知らずだ。

出典:Youtube

なかなか厳しい意見が多いな
れん

まとめ

要約すると...

  • アゼベド事務局長が辞意表明したのは、このままではWTOの改革が進まず、機能低下を挽回できないなど3つの理由が考えられる
  • 海外からは、アゼベド事務局長の辞意を惜しんだり、同情したりするコメントはほとんどなくWTOの存在意義自体に疑問を持つ声も多い
  • 新事務局長はWTOに山積する問題をどう片付けるかの前に、事務局長選出自体がすんなり行くかもわからない

最近、WHOテドロス事務局長が中国寄りとの批判が出ているように、世界の主要機関のトップが公正かという懸念が数々と出ています。

WTOについては、日本でも、福島第一原発事故の被災地からの水産物輸入を禁止した韓国政府の措置をWTOに提訴した事件で、第一審は、日本の主張を認めたものの、上級委員会はこれを認めず、韓国の禁輸措置が継続されるになりました。
予想外の苦い結果として記憶に残っています。

これからWTOがその本来の役割を果たすことができるようになるのか日本への影響も大きく、日本としての役割も大事になってきます。

ひまり
世界が協力してやることは何もないの?

-東京オリンピックの年の政治

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.