激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

八木かなえの現在は?画像・記録とメダルの可能性について

7/26(月) 19:50-22:00に行われる女子55kg級の重量挙げで、八木かなえにとって、今回の五輪出場は3度目となります。

八木かなえの現在はどうなのでしょう?キュートな画像・記録とメダルの可能性について詳しく見てゆきましょう。

ひまり
12位、6位入賞と来たんだから次はメダルよね!

八木かなえの現在は?

現在28歳の八木かなえは、綜合警備保障ALSOKに所属しています。

女子55kg級の重量挙げでは、2012年ロンドンオリンピック48kg級銀メダリスト、2016年リオデジャネイロオリンピック48kg級銅メダリストの三宅宏実が有名です。

53kg級でこれまで、実績を積み上げてきた八木かなえにとっては、リオ後、階級制度変更により、53kg級がなくなり48kg級か55kg級のどちらに移行するか選択を迫られましたが、今回も代表となった三宅宏実の48kg級でなく、55kg級で勝負することを決心しました。

これまで、数々の事績を重ねてきた、53kg級からの転換ですので、大きな葛藤があったと思われます。

画像


椅子を使ったスクワット編【初級】(八木かなえ選手)

年齢・記録

八木かなえは1992年7月16日兵庫県生まれの29歳です。

これまでの主な成績は以下となります。
全国高校選手権大会 53kg級 優勝(2009年~2011年) 3連覇
世界選手権大会 53kg級 出場(2009年・2014年・2015年・2017年・2018年・2019年)
全日本女子選手権大会 53kg級 優勝(2012年・2015年~2019年)5連覇
ロンドンオリンピック 53kg級 12位(2012年)
ユニバーシアード53kg級 優勝(2013年)
アジア競技大会53kg級 出場(2014年・2018年)
リオデジャネイロオリンピック 53kg級 6位入賞(2016年)
高校、大学、社会人と女子53kg級で華々しい活躍をしてきています。

55kg級への階級変更後、2㎏増への対応に苦労がうかがわれます。

2018年世界選手権 55kg級27位。
2019年世界選手権 55kg級13位。
2020年12月の全日本選手権55kg級 優勝(53kg級を含めると6連覇)
上位から体重を絞って下りてきたパワーのある選手との闘いとなっています。

実績は十分、2㎏アップをどう克服するか?
れん

八木かなえのメダルの可能性は?

八木かなえの自己ベストはスナッチが87kg、クリーン&ジャークが112kgで、トータルは199kgとなっています。

2019年世界選手権 55kg級での上位の記録と比較してみましょう。

順位選手名スナッチ (kg)クリーン&ジャーク (kg)トータル (kg)
1位 Liao Qiuyun (中国)98129227
2位 Zhang Wanqiong (中国)99123222
3位 Hidilyn Diaz (フィリッピン)93121214
13位八木かなえ (日本)83112195

13位の八木かなえはトータル195㎏で、銅メダルのフィリピン選手との19kgの差があります。
自己ベスト199kgを出しても、15kgの差があり、今大会で11位相当となります。
正直メダル獲得にはかなり厚い壁があると言わざるを得ませんが、3度目となるオリンピックの舞台は「これまで支えてきてくれた方々のためにも、一番良い記録と一番良い順位を狙っていきたい」との意欲に賭けたいところです。

ひまり
大変だけど頑張って底力を出して!

八木かなえの現在のSNSの反響

かわいすぎる重量挙げ選手として有名な人物 → やぎかなえ(八木かなえ)
彼女がメダルを獲れると嬉しいです。
最後には笑顔で終わる五輪にしてくださいね。
八木さんの笑顔が拝見したいですね。
笑顔が素敵応援してます
かわいくて、力持ち…最高です!

出典:ヤフコメ

昔から注目されていたんだ!
れん

まとめ

要約すると...

  • 八木かなえの現在を画像と記録で追いました
  • 55kg級に階級変更後の2019年世界大会の記録からメダルの可能性について検討しました
  • 3度目となる五輪で、八木かなえの笑顔を見たいとの声が多数です
ひまり
最後に笑ってほしい!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.