激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

やぐらとは?野球でなぜそういうのか由来を調べてみた

高校野球が始まると「やぐらを組む」とか「やぐらをつける」などの言葉が行き交かっています。

やぐらとはどのような意味で、野球でなぜやぐらを組むというのか由来を調べてみました

ひまり
将棋なら知っているけど?

やぐらとは?

やぐらとは?まずやぐらそのものの由来や意味を確認しておきましょう。

やぐら(櫓)は中世までは「矢倉」や「矢蔵」と書かれていたそうで、これには、「矢の座(くら)」、つまり「矢を射るための高い場所」が語源だとする説と、「矢を収納しておく倉」からだという説があります。

曲輪の隅や門の周辺など、見晴らしが効く場所に建てられることが多く、主な用途は見張り台でした。
つまりやぐらとは、城郭内に防御や物見のために建てられた仮設または常設の建築物でした。

しかし、現在のお城にある石垣や土塁の上に木造の建築を建てて、攻め手への攻撃と防御を有利とする建築物と「やぐらを組む」とは、ちょっと違和感がありますね。

戦国時代の城では、丸太を組んで建てた井楼櫓(せいろうやぐら)が、よく使われていたそうです。普段は見張り場として使うので、何か起きたときのために、即応用の弓矢を備えておく必要があります。そこで、「やぐら=弓矢を置いておく場所」という意味から、矢倉の字が当てられるようになったのでしょう。
また、戦場で、敵陣を偵察するために材木を井桁(いげた)に組んで作るやぐらにも使われていたそうです。

その他やぐらには、火の見やぐらがあり、夏祭りや盆踊りのメインステージのためにやぐらを組むなどもあります。

宮崎県の田野・清武地域の農産物[日本一の干し大根と大根やぐら]活動が、2020年グッドデザイン賞の「地域コミュニティづくり」部門で受賞したとの記事を見つけました。

大根やぐらは、干し大根を生産するためのやぐらで、標準的な構造は [延長]約50m [幅]約6m [高さ]約6m [棚数]約10段 で約300基が設置され、杉と孟宗竹で作られているそうです。

その姿は壮観です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hana.hana(@sakura.sakura.jp)がシェアした投稿

まさに木で組んでできたやぐらで、典型的なやぐらの形状と言って良いでしょう。

いやあ!これこそが典型的なやぐらだ!
れん

やぐらを組むの野球での意味

野球で「やぐら」というのは、トーナメント表のことで、この表を作ることを「やぐらを組む」と言います。

地方大会のヤグラをつけてみようなどとも使われています。

高校野球では、地方大会も含め、トーナメント方式で優勝チームを決めていきます。

ひまり
49校でやぐらを組めば何試合になるなんて数学の問題もあるわよ!

なぜやぐらを組むというのか?由来は?

トーナメント戦で組み合わせが塔状に伸びていくことから、トーナメント表のことを「やぐら」というようになったようです。

先ほどの、大根やぐらを見てください。まさにトーナメント表とそっくりの上に行くほど淘汰され、最上段は、尖がってただの1本になっています。

れん
このやぐらの形は日本独特ね!

まとめ

要約すると...

  • やぐらとは城郭内に防御や物見のために建てられた仮設または常設の建築物のことだったが、火の見やぐらや夏祭での木で組んだ仮設の舞台なども指すようになった
  • 野球でやぐらを組むとの意味はトーナメント表を作ることを意味する
  • 木で組み上げられた壮観な大根やぐらを見ると、トーナメント表が目の前に出現したように見える
ひまり
1度負けたらお終いというのが高校野球の醍醐味ね!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.