激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

山縣亮太の東京オリンピックを予想!どこまでいけるか?過去最高をあらためて振り返る

布勢スプリントで、復活の山県亮太(28=セイコー)が、予選100mで男子東京五輪の参加標準記録(10秒05)を突破するばかりか、決勝で、9秒95の日本新をマークし、五輪代表の最有力トップに名乗りを上げました。

山縣亮太の東京オリンピックでの活躍を予想し、これまでの日本人のオリンピック過去最高を破り、決勝で戦えるか予想します。

ひまり
感動で胸が熱くなった!

\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

山縣亮太の東京オリンピックを予想

山縣亮太の東京オリンピックを予想してゆきます。

6月6日(日)の布勢スプリントで、病気や怪我で長年悩まされてきた山縣亮太選手が完全復活を遂げました。
男子100m予選では、10秒01を出して、五輪標準記録(10秒05)を突破し、決勝では9秒95とこれまで、サニブラウンが持っていた日本記録を0秒02上回り、日本新記録を打ち立てました。


今回の9秒95は、今年の世界のベストタイムで、8位にならび、2019年世界選手権では、準決勝で2番目、決勝進出すれば、5位となります。

オリンピックで視ますと、2016年リオ大会では、準決勝で4番目のタイムで、決勝進出すれば、6位入賞が可能なタイムでした。

明らかにオリンピックでの決勝進出が視野に入り、上位争いが期待できるところに来たと言えます。
東京五輪代表有力選手一覧は以下です。

所属選手自己最高五輪参加資格
セイコー山縣亮太9秒95
タンブルウィードTCサニブラウン9秒97
日本生命桐生祥秀9秒98
住友電工小池祐貴9秒98
住友電工多田修平10秒01
Nikeケンブリッジ飛鳥10秒03

山縣亮太の現状の世界ランキング

男子100m世界ランキングで、トップ10と日本選手のランキングを見てみましょう(2021/5/31現在)(国際陸連IAAF公式ページ参照)。

順位陸上競技選手誕生日スコア
1ジャスティン・ガトリン1982/2/10米国1428
2アカニ・シンビネ1993/9/21南アフリカ1383
3ツァーネル・ヒューズ1995/7/13英国1379
4ヨハン・ブレーク1989/12/26ジャマイカ1376
5アンドレ・ドグラス1994/11/10カナダ1366
6マイク・ロジャース1985/4/24米国1330
7ノア・ライルズ1997/7/18米国1323
8アーロン・ブラウン1992/5/27カナダ1307
9トレイボン・ブロメル1995/7/10米国1306
10ロニー・ベイカー1993/10/15米国1300
20桐生祥秀1995/12/15日本1269
26小池祐貴1995/5/13日本1238
39多田修平1996/6/24日本1214
46サニブラウン1999/3/6日本1201
123山縣亮太1992/6/10日本1148
226ケンブリッジ飛鳥1993/5/31日本1110

20位桐生祥秀26位小池祐貴39位多田修平46位サニブラウンとコンスタントに競技会に出場している選手ほどスコアを稼ぎ上位に来ています。
この2年怪我等で、長く出場の機会がなかった山縣亮太は先月末の時点が、スコアが1148と、大きく引き離され、日本選手の5番手、123位に低迷していました。

6月のランキングの発表が楽しみだ!
れん

東京オリンピック男子100mの日本人過去最高は?

1996年のアトランタから2016年のリオオリンピックに至るこれまでの6大会での、男子100mの日本人の記録をまとめました(その大会での最速記録)。

オリンピック選手時間結果
2016リオ山縣亮太10秒05準決勝敗退
2012ロンドン山縣 亮太10秒10準決勝敗退
2008北京塚原 直貴10秒16準決勝敗退
2004アテネ末續 慎吾10秒192次予選敗退
2000シドニー伊東 浩司10秒39準決勝敗退
1996アトランタ朝原 宣治10秒16準決勝敗退

2大会連続出場した山縣亮太選手が、準決勝敗退ながら、10秒10、10秒05の記録を出しており、2016年リオでの、10秒05が男子100mの日本人過去最高記録となります。
2021年東京大会に、山縣亮太が出場すれば、これまでの経験と、毎回記録を確実に縮めていることから、今の調子でゆけば、オリンピックで10秒を切り、100mでの日本選手初の決勝進出が大いに期待されます。

ひまり
経験に地の利すべてを生かして!

山縣亮太とオリンピックに関するネットの反応

怪我に苦しみ、あと一歩条件に恵まれないことの多かった彼が遂に最高のパフォーマンスを発揮できたのだと思うと…今でも込み上げてくるものがあります。
過去2回の五輪、ここしかない肝心な場面で自己最高の走りを見せてくれたその精神力に惹かれずっと応援しています。東京では一世一代の走りを期待したいです。
やった~!多くのライバルに先越され辛い時期も多々あっただろうけど継続する努力、精神力、忍耐力が実って遂に壁越えたね、素晴らしい本当におめでとう。
山縣やった~、おめでとうございます。
なかなか記録が出ない苦しい二年間を過ごした結果ですね。
他の選手も10秒切れるよう、既に9秒台出した選手もコンスタントに記録出せるように精進して下さい。
山縣選手のドキュメンタリー番組での、競技に対してストイックな姿に触れ、いつかは花咲く選手なんだろうなぁと思ってました。凄いや
日本人で9秒台の記録ホルダーが4人もいるなんて
10年前には想像も出来なかった
いつか100メートルで金メダルを争うような日本人選手も出てくるんだろうな

出典:ヤフコメ

100m決勝の走りを見たいわ
れん

\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

まとめ

要約すると...

  • 山縣亮太の東京オリンピックは、ベストな状態であれば、経験、地の利を生かして、決勝進出、6位以内を期待できる
  • 日本人選手のオリンピック過去最高は、リオでの10秒05、2位がロンドンの10秒10であり、いずれも山縣亮太による
  • 山縣亮太が2年間の苦難の日々に真摯に向き合い、日本新を打ち立てて復活したことに、大きな感動と期待が広がっている
ひまり
東京オリンピックに弾みがついたようね

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.