東京オリンピックの年のスポーツ

イエローフラッグとは?レッドフラッグとは?自動車レースについて少し勉強してみた

インディ500で3年ぶりに優勝を飾った佐藤琢磨に対し、残り5周で猛追していたスコット・ディクソンが、イエローフラッグはおかしい、レッドフラッグであれば勝てたのにと異議を唱えました。

自動車レースでイエローフラッグとは?レッドフラッグとは?何を意味し、どのような時にふられるのでしょうか?

過去の事例も含めまとめてみました。

ひまり
F1でも耳にするわ

イエローフラッグとは?佐藤琢磨優勝時に物議に

佐藤琢磨優勝時に物議となったイエローフラッグとは、自動車レースでどのような時にふられ、勝敗に影響してくるのでしょう?

インディ500は、米国インディアナ州のインディアナポリス・モータースピードウェイで行われる1周2.5マイル(約4キロ)のオーバルトラックを200周(500マイル)する過酷なレースで、 モナコグランプリ(F1)、ル・マン24時間レースと並び世界3大レースのひとつに数えられています。

コロナ禍の影響で、例年の5月開催が8月となり、無観客で行われた今回、佐藤琢磨(43)が2017年に続き、2度目の優勝を果しました。

View this post on Instagram

. 佐藤琢磨選手が2017年に続き、 2020年のINDY500のウイナーになりました。 前回勝利した時のような高揚感は無く。 多分、前回とは違い完全完璧な勝利だったからでしょう。 勝ち方のお手本のようなレース運びでした。 とにかく速かった。 琢磨選手の勝利はチーム皆んなで掴んだものです。 RLLRの皆さん、おめでとうございます。 2012年の忘れものを今回は琢磨選手がちゃんと 掴みましたよ‼️ #indy500 #インディ500 #indycar #honda #ホンダ #rahallettermanlaniganracing #レイホールレターマンラニガン #takumasato #佐藤琢磨 #race #photo #photography #写真 #view #instagood #tokyocameraclub #東京カメラ部 #love #カメラ好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界

A post shared by Arano Sakurai (@formula_mix) on

ところが、優勝後、イエローフラッグが出されたことに物議が生じました。

イエローフラッグとは

マシンクラッシュした等コース上の危険が生じたときにドライバーに知らせる黄色い旗のことで、イエローフラッグから事故現場を過ぎて、グリーンフラッグが表示されている地点までの間、追い越しは禁止されます。

つまり、次にグリーンフラッグが出された地点から追い越しが可能となります。

今回のレースを振り返ってみましょう。

今回のケース

佐藤琢磨は、終盤スコット・ディクソン(40、ニュージーランド)とのデッドヒートとなり、185周目でトップに立ちました。
ところが、残り5周で、後続のスペンサー・ピゴット(26、米国)が大クラッシュを起こしたため、「イエローフラッグ」がふられ、スローダウンして追い越し禁止となり、残り5周でフルコースコーション(警告)が宣言されることとなり、佐藤琢磨はそのまま1位でゴールしました。

これに対し、ディクソンは、「僕は間違いなく、残り5周からレースが再スタートすると思っていた。レッドフラッグ(レース中断)が出ると思っていたんだ。なぜなら大きなクラッシュだったし、現場を片付けるのには時間がかかると思ったんだ」と、「イエローフラッグ」の判断に疑問を呈しました。

つまり、レース中断後、グリーンフラッグがふられ、レースが再開さえすれば、残り5周で逆転できたのにという意味です。

敗者はいつも文句をいうものさ
れん

レッドフラッグとは?

では、レッドフラッグとは?どのような場合にふられるのでしょうか?

レッドフラッグとは、何らかの事故やアクシデントなどによってこのままの状態ではレース続行が不可能と主催者が判断した場合に、レースの中断を知らせる為に振られるフラッグのことで、セッションは一時中断となり、ドライバーは徐行しながら直ちにピットに戻らなければなりません。

実際2014年のインディ500で、似たようなケースで、終盤の192周目にトップグループの1台が単独でアクシデントを起こし、レースはそのままイエローフラッグでゴールとなる可能性がありましたが、レッドフラッグ中断となりました。

レッドフラッグが出されたときにトップを走っていたハンターレイは、10分あまりの中断のあとに再開されたレースでも力強く走り、インディ500での優勝を初めて達成しました。

この件が、スコット・ディクソンの頭にあったのかもしれません。

イエローフラッグかレッドフラッグかは、主催者がアクシデントをどう見るかにかかっています。

今回のケースは、ピットレーンの入り口で起きたクラッシュの救護作業が可能だったため、イエローフラッグ(コーション)でのレース続行が認められたものですが、レッドフラッグで、一旦中断し、再開ができなくもなかったために、異議が出されたようです。

ディクソンは残りの燃費で、優位に立っていたので、最後に勝てる自信はあったと言っていますが、あくまで「たら・れば」の話です。

現地メディアも、例えレッドフラッグとなっても、佐藤琢磨が勝利しただろうなど、ディクソンの異議を支持する意見はほとんどありません

なお、3年前、アジア人として初めて、佐藤琢磨がインディ500に優勝した時にもひと騒動ありました。

デンバーポスト紙の記者テリー・フレイが、佐藤琢磨の優勝が決まった直後に「メモリアルウィークエンドに日本人のドライバーがインディアナポリス500で勝ったのは、私にとって不快感を覚える」とツイートし、SNS上で人種差別発言だと炎上し、テリー・フレイを批判する投稿が殺到しました。

記者は謝罪し、そのツィートを削除したものの、デンバーポスト紙「フレイ記者はもはやデンバーポストの記者ではない」とする声明を発表して、テリー・フレイを解雇したという騒動です。

ひまり
ちょっと前まで、この世界では日本人差別があったんだ

イエローフラッグ物議に関するネットの反応

勝負の世界は強いものがチャンピオンなのではなく、最後まで立っていた者がチャンピオンなんだということを佐藤は再確認させてくれたインディ500だった。
今回のレースに限らず、インディーカー、ナスカーで、これ以上の周回数でイエローコーション中のゴールは数限りなくある。
イレギュラーな状況下でも実力が発揮出来るのが2度目の優勝者であり、まぐれでは無いと言う証明。
何のトラブルやイレギュラーも無しに終わるレースなんて無いでしょ。
よく僅差でフィニッシュしたレースの「敗者」が言う言い訳
「後 一周有れば抜けたと思う」これと似た話。
まあ何れにせよ「一点の曇りも無い 琢磨の勝利」これが変わることは無い。

出典:ヤフコメ

圧倒的に琢磨支持ね!
れん

まとめ

要約すると...

  • マシンクラッシュなど事故発生じたときに、出される警告で、イエローフラッグは、レースが続行されるものの、その後の一定区間追い越し禁止となり、レッドフラッグは、レース続行が不可能と判断され、一旦レースは中断される
  • レース終盤でイエローフラッグかレッドフラッグかの判断が勝敗を分けたケースは過去にもあった
  • 「一点の曇りも無い佐藤琢磨の勝利」というのが日本のファンの総意のようです

43歳の佐藤琢磨が、過酷なインディ500で、2度目の勝利を飾りました。佐藤琢磨の優勝時には前回も騒動が持ち上がり、今回もまたかと思いましたが、実績を積み重ねてきた重みか地元メディアも冷静で、異議を支持する声はほとんどありませんでした。

佐藤琢磨がこの自動車レースファンを含む世界でしっかり定着し、実力を認めていることを表しています。

なお、優勝時に「伝統に従ってビクトリーレーンでミルクを飲む栄誉に浴しました」と書かれており、今回も佐藤琢磨も、瓶のままごくごくと飲むと、そのままミルクを頭からかぶったとありました。

過酷なレースとミルクの取り合わせには不思議な気がしますが、インディ500では、優勝したドライバーは牛乳を飲むという慣習があります。

1933年、ルイス・メイヤー優勝レース終了後にバターミルクをリクエストしたことから始まったようで、「ビクトリーレーンで牛乳を飲む」という行為にもスポンサーがついているそうです。

ひまり
勝者が、ビクトリーレーンでアルコールでなくミルクを飲むなんてかわいいわね

関連


この記事を見ている人は以下の記事も見ています

佐藤琢磨の凄さを日本人は分かってない!?経歴・偉大さをまとめてみた

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.