東京オリンピックの年の政治

吉村発言とは?真意は?イソジンはコロナに効果があるのか海外の反応を調べてみた

イソジンでうがいをすると、コロナの陽性者が減っていくと、うがいを推奨した吉村大阪府知事の発言がイソジンの買い占めを招くなど大きな波紋を呼んでいます。
吉村発言とはどんなもので、イソジンでのうがい推奨の真意はどこにあったのでしょう?

海外の反応で、海外研究のデータを参照しながら、本当に効果があるのかを見極めてゆきましょう。

ひまり
うがい自体が風邪にも効果なしって聞いたわ

吉村発言とは?真意は?

4日の吉村知事の会見で、松井一郎大阪市長同席のもと、新型コロナウイルスへの対策として「ポビドンヨード」という成分を含むうがい薬(イソジンなど)でのうがいを呼び掛けました。

「皆さんもよく知っているうがい薬を使ってうがいをすることによって、コロナの陽性者が減っていく。薬事法上、効能を言うわけにいかないが、コロナに効くのではないかという研究が出た

府立病院機構大阪はびきの医療センターが行った唾液のPCR検査で陽性となる割合が減ったとの研究結果は次のようなものです。

府内で宿泊療養している軽症や無症状の患者41人を対象に実施し、ポビドンヨードを含んだうがい薬で1日4回うがいした人の唾液のPCR検査の陽性率は、1日目は56・0%で、4日目は9・5%に減った。うがいをしなかった人は、それぞれ68・8%、40・0%だったといいます。

コロナ感染が治癒したとか、重症化が防げたということではなく、うがい薬で、口内を消毒して、口内の唾液中のコロナウイルスが殺菌されたとの結果にすぎません。

PCR検査は従来、鼻咽頭の奥に綿棒を差し込む鼻咽頭ぬぐい液でおこなうものであったのが、対応関係があるということで、唾液でもOKとなった経緯があります。

口内の唾液中のコロナウイルスが殺菌されたからと言って、鼻咽頭ぬぐい液のウイルスが消えたり、体内の感染自体が消えるはずありません。
大いに誤解を生む発言と思えます。

同席した松山晃文センター長も「効果は口腔(こうくう)内や喉の殺菌にとどまるとみられ、既に体内に入ったウイルスに効果はない」と明言しています。

会見後イソジンの購入希望者が店頭に殺到したのを受けて、吉村知事はツイッターに「また吉村がおかしなこと言い出してるとネット上の大批判がありますが、構いません。松山先生の研究成果を信じて頂かなくても構いません」「大阪の社会経済に壊滅的なダメージを与え、府民の健康と命の脅威となってるコロナから、なんとか府民を守るべく、今後もありとあらゆる努力をします」と投稿しました。

大阪のコロナ撲滅と、経済を回すことに熱意があり、人気もあるのは分かりますが、今回は、明らかな失言です。

実験結果が間違いとはだれも言っていません。解釈が間違っているのです。

きっちり発言を撤回しないと、いままででの政治家とやっぱり同じかと失望されるだけです。

吉村知事だけは違うと思っていたのにな!
れん

イソジンはコロナに効果あるの?海外の反応は?

イソジン(ポビドンヨードPovidone-iodine)は長年Meijiが販売してきましたが、提携元のムンディファーマ(オランダ)と2016年に提携が解消され、現在は、シオノギヘルスケアイソジンを販売しています(イヌのマーク)。
https://www.instagram.com/p/CDfHqayHsy7/
一方、Meijiは、同一成分のポビドンヨードを含むうがい薬を「明治うがい薬」の名称で販売しています(従来のカバさんマーク)。


商品名以外のパッケージ、デザインは、従来のイソジンとほとんど同じで、ムンディファーマ側と何らかの合意があったものと想像されます。

古くからイソジンを世界中で売っていたムンディファーマが2020年7月9日に、ポビドンヨードを有効成分とするBETADINE製品(イソジン)の 新型コロナウイルスに対する抗ウイルス効果を確認したと発表しています。

シンガポールのデュークNUSメディカルスクールでの臨床検査により、COVID-19疾患を引き起こす新規コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するBETADINE消毒薬の有効性を確認したことを発表しました。

in vitro(試験管内)テストにより、BETADINEの強力な殺ウイルス活性が示され、SARS-CoV-2ウイルスの99.99%が30秒で殺されました

さらに、マレーシアのマラヤ大学の熱帯感染症研究教育センター(TIDREC)で実施された実験室試験によって補完され、試験された製品マウスウォッシュ(1.0%PVP-IBETADINE®Gargle)は、SARS-CoV-2ウイルスの99.99%を15秒で殺すことが報告されました。

この結果は、British Dental Associationを代表してSpringer Natureによって発行されました。
なぜ、歯科Dentalかというと、歯科医と助手のコロナ感染防止に有効だからです。

ポビドンヨードなどの製品で前処置マウスウォッシュを使用することを推奨しています。

PVP-Iのうがい薬と点鼻薬を使用すると、交差感染のリスクが軽減され、歯科医に役立ちます。American Dental Associationはごく最近、術前の0.2%ポビドンうがい薬の使用を含む、COVID-19感染のリスクを最小限に抑えるための暫定ガイドラインを発表しました。

つまり、歯科治療を行う際に、歯科医や助手があらかじめイソジンで口内殺菌をしておれば、患者に感染させるリスクが減るということで、殺菌効果を考えると極めて合理的なことだと思えます。

コロナ感染症に有効だとは一言も述べられていません。

ひまり
歯医者も怖くて長らく行ってないわ

イソジンのコロナ効果へのみんなの反応

殺菌作用があるので陽性が陰性になることは当たり前では?単にPCRで誤認するってだけですよね?感染が疑わしい人が隔離から逃がれるために使用することもできますね。陰性の人が安心して重症化するのも増えると思います。
医者の話だと「イソジンは肺までは届きませんから、呼吸をしてコロナウイルスが肺に入ってしまった時点で…」まあ、その通りです。
混乱を招く発言は良くないですね。
検証結果が出たものの、「どこまでかはわかりませんが」って言ってますから、確証は無いんでしょう
特効薬やワクチンのない今「コロナに効果」のひと言に飛び付く心理…というか当たり前の話ですよね、・・・
現在の吉村知事は人気も信頼も、しっかりあるだけにそりゃー店頭売り切れですよね!

隠れ維新支持者だったけど、今回の件は大失態だと思いました
反維新にはとてつもない攻撃材料を与えてしまい、無党派層にも、今回の件で維新にかなり厳しい目を向ける事態を招いたと思います
ツートップ揃って、何てことしてくれた 今はその気持ちだけです

出典:ヤフコメ

70%エタノールや次亜塩素酸液だって同じ殺菌効果はあるぞ。うがいはしないが。
れん

まとめ

要約すると...

  • 吉村発言はイソジンがコロナに有効だとして、府民にうがいの励行を呼び掛けたが、それは少しでも効果があれば、府民を守るべく努力している手段のひとつだと強調している
  • 実験結果はイソジンのうがいにより、唾液中のウイルスの量が減った結果を示しているだけで、体内のコロナウイルスが死滅するとか、症状が改善されるなどが期待されるとは言えない
  • 殺菌作用があるので唾液検査の陽性が陰性になることは当たり前で、間違った情報を流して混乱を招いた良くない発言だとの批判の声が多い

コロナ禍では、多くの政治家の発言に振り回され、失望してきました。期待してきた吉村大阪府知事も同類かとがっかりしました。

実験を行ったセンター長が明言しているように、ウイルス消毒剤のうがいだけで、体内に入ったウイルスによる感染が消えたり、症状が軽減するはずなどありません。

実験結果をきちんと見て考えれば、分かることです。

トランプ大統領がコロナに消毒薬や有効だと聞いて、記者会見で、注射すればいいと発言したのと大同小異の感がします。
この時もアメリカで、専門家は危険だと警告していましたが、消毒薬の注射を希望するひとが殺到したそうです。

リーダーはこまごまと出た情報に振り回されず、例えば、PCR検査を全府民に行って全ての陽性者を隔離するとか、感染者が出た場合のルートを完全に追うことができるシステムを確立するとかもっと根本的な施策を実行して欲しいと思えます。

ひまり
お店でのQRコードでの感染者追跡システムはどうなったの?

-東京オリンピックの年の政治

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.